呼吸器内科

Respiratory medicine

  • 基本情報
  • 主な疾患と治療法
  • 医師紹介

呼吸器内科では肺炎などの感染症や気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、間質性肺炎、気胸など呼吸器疾患全般の診療を行っています。また肺癌の治療にも力を入れており抗癌剤や分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などでの治療を行っています。
検査では肺機能検査や喀痰検査、呼気一酸化窒素(FeNO)、ポリソムノグラフィー、気管支鏡による経気管支肺生検や気管支肺胞洗浄なども行っています。
多数の人工呼吸器や非侵襲的人工呼吸器を備え、重症呼吸不全の管理も行っております。
玉名郡市、荒尾市、山鹿市医師会との病診連携にも力を入れており、多くの患者様をご紹介いただいています。

牛島(正) 津守 牛島(正) 津守 津守
佐藤 溝部 溝部 佐藤 溝部
池田 福嶋 池田 池田 福嶋
佐藤
肺炎
細菌やウィルスなどが肺に感染し炎症を起こす疾患です。市中肺炎や院内肺炎、誤嚥性肺炎など病態に応じて抗生剤治療などを行います。
気管支喘息
気管支喘息は気道の慢性炎症を主病態とし、発作性の喘鳴や呼吸苦を呈します。治療は気道の炎症を抑える吸入ステロイドを中心とし、気管支拡張薬や抗アレルギー薬などを使用します。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
慢性閉塞性肺疾患はタバコの煙を主な原因とし、気道が狭くなる(閉塞性障害)疾患です。治療はまず禁煙していただき、抗コリン薬やβ刺激薬などの気管支拡張剤で治療します。
睡眠時無呼吸症候群
睡眠時にいびきや無呼吸を呈し、日中の過度の眠気を引き起こします。また高血圧や不整脈などの心血管系の合併症も引き起こします。治療は主にCPAP(持続陽圧呼吸療法)を行います。
肺癌
肺癌は気管支や肺胞から発生する癌で、日本人の死因1位です。血痰や呼吸苦などの症状がみられる場合もありますが、無症状で検診で発見されることも多いです。肺癌のタイプや遺伝子異常の有無、病期(ステージ)に応じて手術、放射線治療、抗癌剤治療、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などで治療します。

間質性肺炎、胸部異常陰影など

病院長
牛島 正人(うしじま まさと)
副院長
溝部 孝則(みぞべ たかのり)
呼吸器内科部長
津守 香里(つもり かおり)
呼吸器内科部長
池田 智弘(いけだ ともひろ)
佐藤 美菜子(さとう みなこ)
福島 一晃(ふくしま かずあき)
診療時間
【 平日 】午前 8:30 ~ 11:00※予約のある方は指定の時間
休診日
土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)※急患はこの限りではありません。

〒865-0005 熊本県玉名市玉名550番地

FAX:0968-73-2867(代表)  FAX:0968-73-5300(医療福祉連携室)