脳神経外科

Neurological Surgery

  • 基本情報
  • 主な疾患と治療法
  • 実績
  • 医師紹介

脳神経外科は、脳の病気のうち、外科手術やカテーテルによる血管内手術が必要になるような、脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷、顔面痙攣、三叉神経痛、小児奇形などの疾患を中心に、脳や神経の疾患などについて幅広く診断・治療を行っている診療科です。それ以外にも、難治性てんかんや、振戦・パーキンソン病治療の副作用に対する外科的治療なども担当しております。
脳の外科ではありますが、手術だけではなく、診断や薬剤投与などによる治療も、記載したような病気に対して行っております。病状に応じて脳神経内科をはじめ、関連の診療科の先生方と連携を行いつつ治療を行います。また、必要に応じて、熊本大学病院など、より高度な医療に対応した施設にもご紹介いたします。

武笠(非常勤)

第1金曜日、完全予約制

脳血管障害(脳動脈瘤・くも膜下出血・脳出血・脳梗塞・脳動静脈奇形など)
薬物治療、開頭手術、血管内治療、リハビリテーションなど
脳腫瘍(良性腫瘍・悪性腫瘍)
薬物治療、開頭手術、放射線治療、化学療法など
頭部外傷
薬物治療、穿頭術、開頭手術など
てんかん
薬物治療、開頭手術など
顔面けいれん・三叉神経痛
薬物治療、開頭手術など
小児奇形
整復手術など

当院脳神経外科では外来診療を中心に行っております。
入院が必要な際や、より高度な医療を要する場合は、適切な診療科での入院や、対応可能な病院をご紹介いたします。

熊本大学病院・脳神経外科・教授
熊本大学病院・地域医療連携センター長
武笠 晃丈(むかさ あきたけ)
診療時間
【 平日 】午前 8:30 ~ 11:00※予約のある方は指定の時間
休診日
土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)※急患はこの限りではありません。

〒865-0005 熊本県玉名市玉名550番地

FAX:0968-73-2867(代表)  FAX:0968-73-5300(医療福祉連携室)