教育体系・研修

Education

病院・看護部理念に基づき、質の高いサービスが提供できる看護師の育成をめざします

  1. 新人看護職員研修ガイドラインを基に研修プログラムを充実させ、病院全体で新採用者を支援します。

    ■ 新人看護職員研修プログラムの例

    研修項目 4月(入職時)~ 数日間 4月~6月 7月~9月 10月~3月
    1.新人看護師研修の概要
    • 目標と計画
    • 目標手帳の活用方法
    2.看護師としての必要な基本姿勢と態度
    • 患者の権利と看護者の責務
    • 看護者の倫理網領
    • 接遇
    • 実践の振り返り
    3.技術的側面 清潔・衣生活援助技術、創傷管理技術
    • スキンケア
    • 褥瘡の予防:リスクアセスメント、体圧分散等
    与薬の技術
    • 皮下注、筋肉内注射
    • 点滴管理:薬品準備、ボルト交換、挿入部の固定、輸血量の計算等
    • 輸液ポンプ、シリンジポンプの使い方
    • 点滴静脈内注射
    • 薬剤等の管理(毒薬・劇薬・麻薬・血液製剤を含む)
    • 輸血の準備、輸血中と輸血後の観察
    救命救急処置技術
    • 急変時対応:チームメンバーへの応援要請等。BLS、AED
    症状・生体機能管理技術
    • 静脈血採血
    • フィジカルアセスメント
    • 心電図モニター
    感染防止の技術
    • スタンダードプリコーションの実施
    その他配属部署で必要な看護技術 配属部署で必要な看護技術
    4.管理的側面 安全管理
    災害・防災管理
    • 医療安全対策:組織の体制、職員を守る体制、事故防止対策、発生時の対策等
    • 消火設備
    情報管理
    • 個人情報保護
    • 診療情報の取り扱い
    • 記録
    研修の振り返り
    フォローアップ
    • 振り返り
    • 振り返り
    • 振り返り
  2. 継続教育は、クリニカルラダーシステムに基づき臨床看護実践能力が高められるよう、看護実践、看護管理、倫理・接遇、教育・研究に必要な学習の機会を支援します。

    クリニカルラダーシステムによる臨床実践能力のステップアップ

    その他のキャリアアップ支援

    • オンデマンドによる自主的・意欲的な学習
    • 各部署で業務に直結した勉強会実施
    • 他部門が企画・運営する各種研修会への参加
    • 院外研修
  3. 看護部で企画・実施する研修以外に、他部門が企画・運営する各種研修会(医療安全、感染管理、疼痛と緩和の勉強会、NST勉強会など)で知識を深めていくことができます。

    【疼痛と緩和の勉強会】月1回

    【NST】月1回

    • 輸液について
    • 経腸栄養について

    【感染管理】奇数月

    • 透析と感染
    • 結核疑いの患者の対応

    【医療安全】年2回

    • 症例で学ぶ麻薬管理
    • 病院における悪質クレームへの対応

    【呼吸サポートチーム】年1回

    • 体位ドレナージ

    【認定看護師会】不定期

    • 各認定看護師へのコンサルテーションの仕方
  4. 看護補助者の育成を支援します。

    目的:看護チームの一員としての役割を認識し、必要な知識・技術・接遇を身につける

    【研修内容】
    感染対策 / 医療安全 / 接遇

診療時間
【 平日 】午前 8:30 ~ 11:00※予約のある方は指定の時間
休診日
土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)※急患はこの限りではありません。

〒865-0005 熊本県玉名市玉名550番地

FAX:0968-73-2867(代表)  FAX:0968-73-5300(医療福祉連携室)